The power of letters...the beginning of protest. 

                                                          November 21, 2008

Dear Mayor Kadokawa:

For over ten years my family and I have enjoyed many beautiful aspects of Kyoto City.  From Kiyomizu-dera to Ryoan-ji, from the beautiful seasonal changes in Arashiyama to hiking up Daimonji Mountain, we have made visiting Kyoto a part of our lives. 

We even appreciate Kyoto train station as a new symbol of modern Kyoto.  We are also fiercely proud that Kyoto has given its name to stand up for environmental issues in the Kyoto Protocol.  However, there is something that has come to our attention—a shock that has motivated me to deliver this letter personally to your office. 

We are distressed over news of the possibility of a dolphin theater to be constructed as part of the aquarium in Umekoji Park.  Is this true?  We have heard that this will involve taking wild dolphins from their family pods living near Japanese fishing villages.  Is it true that only the young beautiful dolphins will be chosen for this aquarium and that their family members will be butchered for meat? 

Please say this is not so.  Please say that you will not accept some of the ocean's most intelligent creatures to be starved into submission to perform tricks for visitors in Japan's first inland artificial salt water aquarium.

Are you aware of the high mortality rates of the captive Pacific White-sided Dolphins (Kama Iruka) at the Kaiyukan in Osaka?  It is challenging even for an experienced aquarium to keep dolphins alive in captivity.  Are you aware that the typically high mercury content for wild dolphins will require the aquarium to do dispose of the dead dolphins as toxic waste?  

We are further concerned that the short life-span for wild performing dolphins will create the need to purchase even more dolphins from the barbarous hunts that continue weekly in places like Taiji, Wakayama.

Are you aware that no developed country currently employs wild dolphins?  We believe that the millions of foreign tourists who visit Kyoto annually will be appalled to learn that a Kyoto aquarium helps support the hunting of wild dolphins for entertainment theater and the killing of their families to support the dolphin meat industry.  Please do not accept dolphins to be a part of this aquarium.

Sincerely,

Steven Thompson

Cell: 090-1226-2317


55-38-203 Funada-cho

Kadoma-shi, Japan

571-0021



2008年11月21日

門川市長殿

私と私の家族は、10年以上に渡って、清水寺や竜安寺、嵐山の美しい

季節の移り変わりや大文字山へのハイキングなど、様々な美しい京都を

堪能してきました。

京都を訪れる事は、私たちの人生の一部となりました。

 

私たちは、京都駅も現代の京都のシンボルとして、素晴らしいものであると確信しております。また、京都が環境問題に立ち向かう為に作られた

「京都議定書」として、その名前を残せた事を非常に誇りに思っております。しかし、今、我々が危惧する案件がございまして、あまりにも衝撃的な問題なので、このように個人的に貴殿に対して手紙を送らせて頂いております事をご了承下さい。

 

梅小路公園の水族館の一部に、イルカ劇場が建設される可能性がある事を知り、私たちは大変なショックを受けております。これは事実なのでしょうか?また、私たちは、日本の漁村の近くに家族で群れをなして生息する野生のイルカを漁獲するとも聞きました。若く、美しいイルカのみがこの水族館用に選ばれ、その他の家族達は食肉用に処分されると言うのは本当なのでしょうか?

うか違うと言って頂きたいのです。お願いですから海洋において最も

知能を持つ生物を、日本で初めての人工海水の水族館において、客に芸

を見せる為だけに、死ぬまで酷使させるような事をしないで頂きたいの

です。

あなた方は、 大阪の海遊館における太平洋で捕獲されたカマイルカの高い死亡率についてご存知でしょうか?あのように長い経験を持つ水族館でさえ、捕獲したイルカを生存させる事に苦労しているのです。また野生のイルカが持つ高い水銀の量により、死亡したイルカは毒物として処分しなければならない旨をご存知でしょうか?

これらのほんの短い期間のみにおいて使用する事が出来るイルカを必要とする事になれば、和歌山の太地町のように、毎週のように残酷な方法によってイルカを捕獲している所から、イルカを購入し続けなければならない事になるのではないでしょうか?

あなた方は、いかなる発展途上国も現在はイルカを使用していない事をご存知でしょうか?毎年京都を訪れる何百万という外国人観光客は、京都の水族館において、野生のイルカを捕獲する事を支持し、イルカショーとして利用し、その他のイルカの家族を殺し、イルカ食肉産業に寄与している事を知れば、恐ろしさに青ざめる事になるでしょう。

どうか水族館でイルカを使う事を認めないで下さい。


                                                                                                              敬具

          

          〒571-0021

          大阪府門真市舟田町55-38-203

               スティーブン トンプソン

               090-1226-2317




 

November 21, 2008

 



 

 

 

 

 

 

Parting Words (copyright, contact information, etc.)